とほぶろ
語りたいときはこちらで。
<< JUGEMに main ゲームは好きかー? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|| スポンサードリンク|-
合コンの想い出(3)
さて合コン当日。
期待と不安に胸を膨らませ合コン会場であるバルコ宮殿を求め歩く女子大生4人…。
「なななななんかやっぱり…」
「行きたくなくなってきた…この合コン…」

ひぃひぃ言いながら歌舞伎町を歩いていると、あったあった…バルコ宮殿…。
なんと、1Fが覗き部屋になってて、地下1Fがその宮殿だよ…。ひぃ〜。ほ、ほんとにだいじょうぶ?入ったら最後どこかに売り飛ばされたりしない?

入り口を入る前に4人でこそこそ打ち合わせ。こりゃほんとにヤバイ!と思ったら、みんなで合図しよう。
声に出さなくてもわかるようなサインね?
ええと、これにしよう。(小指と薬指、人差し指と中指をくっつける)これ、ぶたピース。
わ、わかった。そうしよう。

ドアを開けると赤いじゅうたんが目の中に飛び込んできた。
うひゃ〜。あ、赤いじゅうたんだよ〜。
なんといっても今までコンパといったらつぼ八ぐらいしか行ったことないんだよ〜。
黒服のお兄さん、お姉さんに「いらっしゃいませ」と言われ足がすくむ…。

「ユリがセッティングしたんだからユリが先頭歩いてよ」
「ええ?わたしもいやだよ〜」
そんなことを言いながら歩いていくと、いたいた!合コンの相手が!
見た瞬間全員が一斉にぶたピース!

ユリちゃんの顔を見て笑顔で手を振る男性がユリちゃんの友達だった。彼は童顔の感じのいい青年だった。
しかしその中に一人、パンチパーマの…どこから見ても「大学生」じゃない男性が一人いたのだ…。こここわい…。
これは女同士4人で助け合おうね、くっついて座ろうね。そんなことを目と目で伝え合う私たちだったが。
パンチが無情にも言い放った。「せっかくだから、女性陣には男の間に一人ずつ入ってもらって」と。

えええええ?私たちは店の女の子じゃないんですぜーーー!

後から合コンにはそういう座り方もあると知ったけれど、その時はそんな作法は知らなかったので「間に入れ」と言われたのは本当にショックだった…。

ユリちゃんの友達とパンチくんの他に2名いて、一人はおとなしそうなまあまあハンサムな男性と、もう一人はちょっとおっさんくさい男性だった。
みんなパンチくんの隣に座りたがらない…。
あなたが、いえあなたが、みたいにやっていて、気がついたら私はパンチくんの隣の席になっていた…。
-|00:24りつこcomments(0)
スポンサーサイト
-|00:24| スポンサードリンク|-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mritu47.jugem.cc/trackback/1109
トラックバック
profile
 
   
calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
title
 
   
category
 
   
history
 
   
モバイル
  qrcode
   
RECOMMEND
WILD FANTASY
WILD FANTASY (JUGEMレビュー »)
カーネーション
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM
links