とほぶろ
語りたいときはこちらで。
<< 子どもの頃の習い事は? main 122代目バトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|| スポンサードリンク|-
ネタ
私のように、毎日あったこととか子どものことをセキララに綴っていると、毎日の生活そのものがネタのようになってしまうことって結構あるんじゃないかと思う。



この間、こんなことがあった。



ひばりのバレー部で一緒のお母さんで、下の子が今小学1年生の子がいる。(るりママ)

下の子は、同じクラスのリカちゃんと仲良しになった。

リカちゃんのお姉ちゃんは今小学5年生でひばりと同級生だ。



リカママと私は一時期とても仲が良かった。

子ども同士が同級生ということもあって、彼女の家に私が行ったり、彼女が家に遊びにきたり、主に子どものことを中心にべったりいろんな話をして過ごしていた。



すみれの育児休暇中にある出来事があって、私はリカママから心が離れてしまった。

ああ、だめだ…わかりあえない。そう思ってしまった後の私はとんとだめだ。当たり障りなく付き合うということができないので、すっぱり彼女のことは切り捨ててしまった。



リカママはるりママと仲良しになり、お互いに子どもを預かりあったり、家に行き来したりしているようだ。



この間、バレー部の集まりがあって、旦那が運転手をすることになって出かけていった。

旦那の車に乗ったるりママは、とつぜん「そういえばひばりちゃんってパパの自転車から落下したことがあるんですって?」と言い出した。

ああ、そう。そういうこともあった。

一時、旦那のマウンテンバイクの後ろに子どもイスを取り付けて乗せていたことがあったのだが、素人が付けたものだから徐々にねじが緩み、ある時イスがばーんとはずれてしまったことがあったのだ。

その頃はまだリカママと親しかったので、私は「こーんなことがあって」とリカママに熱く語ったのだ。旦那のせいじゃないとわかってはいたけれど、ついつい旦那を責めてしまって…みたいなことを語った覚えがある。



その話をリカママはるりママにしたみたいだった。

どちらかというと天然なるりママは「もうーパパが自己流でつけるからそんなことになるのよー」みたいなトーンで旦那に話をしたみたいだった。



私はそれを聞いたとき、なんだかとっても不愉快な気持ちになった。



私の経験したあの出来事は、リカママの話のネタになっているのだ。

今となってはもう友達ではない人に、ネタとして「そういえば私の友達でねー」と語られてしまっているのだ。



ネタを提供したのは私だ。

だからそれをどう扱われようがそれはもうしょうがないのだ。



わかってはいるけれど、もう友達でもなんでもない人にそんな風に話をされているのかといやな気持ちになった。



私の話をネタにしたわね?わはははは。

そんな風に全て笑い飛ばせる私でいたいけれど…気持ちというのはなかなか難しい。
こども00:07りつこcomments(0)
スポンサーサイト
-|00:07| スポンサードリンク|-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mritu47.jugem.cc/trackback/1102
トラックバック
profile
 
   
calendar
<< January 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
title
 
   
category
 
   
history
 
   
モバイル
  qrcode
   
RECOMMEND
WILD FANTASY
WILD FANTASY (JUGEMレビュー »)
カーネーション
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM
links